주메뉴 바로가기 - Skip Navigation 좌측메뉴 바로가기 - Skip Navigation 콘텐츠로 바로가기 - Skip To Content

일문사이트

SiteMenu
HOME
SitemAp
다국어메뉴
검색영역
사이버 홍보관

패밀리사이트 목록

関税行政案内

AEOの紹介

컨텐츠서비스메뉴

AEOとは?

Korea AEO AEOは"Authorized Economic Operator"の略語で"総合認証優秀業者"を意味します。関税庁が法規遵守度、内部統制システム、財務健全性、安全管理の公認基準によって適正性の可否を審査して公認した優秀業者のことを指します。

AEOはいつからどのように登場しましたか?

世界関税機構(WCO)では以前より生産者から最終消費者までの国際的な物流に対する安全、すなわち輸出入サプライチェーンの安全(Supply Chain Security)に関する論議が長く続いて来ました。その間に2001年米国 9.11 テロが発生し、多くの犠牲を払ったこの事態以後アメリカは貿易の安全のための新しい物流保安制度と規定を施行しました。創始期この制度は保安にだけ重点を置いたのでリードタイムを引き延ばせる非関税障壁として作用し始めました。WCOではこのような問題点を補い2005年6月"国際貿易の安全確保及び円滑化のための「基準の枠組み」(WCO SAFE Framework)"を樹立し、この国際規範の核心概念がまさにAEOです。税関当局は公認基準によってAEO業者を公認して、AEO業者と非AEO業者に対しては差別的に危険管理を実施します。WCO加盟国のうち170カ国以上が制度履行意向書を提出し、現在アメリカ、日本、EUなどの主要先進国が導入・施行中にあり、その数は日ごとに増加しています。

韓国のAEO導入現況は?

韓国もグローバル関税環境の変化に歩調を合わせて制度研究、法令制定、試験事業など準備過程を経て'09.4月から正式にAEO制度を施行しました。輸出業者、輸入業者、通関士、保税地域運営者、保税運送業者、フォワーダー、船舶会社、航空会社、荷役業者の合計9種の当事者がおり、根拠法令は下記の通りです。

  • 関税法第255条の2
  • 関税法施行令第259条の2、第259条の3
  • 総合認証優秀業者公認及び管理業務に関する告示
Quick Menu
ミッションとビジョン
広報活動
アクセスマップ
TOP