주메뉴 바로가기 - Skip Navigation 좌측메뉴 바로가기 - Skip Navigation 콘텐츠로 바로가기 - Skip To Content

일문사이트

SiteMenu
HOME
SitemAp
다국어메뉴
검색영역
사이버 홍보관

패밀리사이트 목록

関税庁の紹介

概要

컨텐츠서비스메뉴

ユニパス(UNI-PASS)システムとは大韓民国の関税庁で開発され20年以上使用されている電子通関(e-Clearance)システムだ。 ユニパス(UNI-PASS)システムは最新IT技術を活用して完全自動化された関税行政システムであり、技術及び蓄積された知識の完全移転を含めた20年間のノウハウと経験を注ぎ込んだ結晶でもある。 ユニパス(UNI-PASS)システムは既にいくつかの国で部分的または全面的に施行されており、より多くの国々がユニパス(UNI-PASS)システムを自国の関税行政ソリューションとして導入することに関 心を示している。

関税環境の変化

大韓民国は現在世界7位圏の交易量順位(WTO2012)を占めており、その交易量と外来(inbound)及び海外(outbound)旅行客数は毎年増加している。限られた資源で交易量と旅行客の増加に対処するため に大韓民国の関税庁では関税行政の段階的な発展を通じて多様な対策を適用することによりギャップ(Gap)を緩和してきた。

円滑化及び統制

9/11テロ、そして交易を安全かつ円滑に行うために整備された【貿易安全と円滑化に関する国際規範(WCO SAFE Framework)】の導入後、関税行政の円滑化と統制の間でのバランスの維持は限られた資源で 増加を続ける交易量に対処するのに重要なこととなった。

関税行政の効率化

透明性の確保、関税収入目標達成、実績の管理、利用者の満足のための品質向上、そして途切れのない持続的なサービス提供が可能な安定したITシステムを運営することこそ自動化関税システムの助けにより 達成され得る目標及びミッションの全てであると言えるだろう。

Quick Menu
ミッションとビジョン
広報活動
アクセスマップ
TOP