주메뉴 바로가기 - Skip Navigation 좌측메뉴 바로가기 - Skip Navigation 콘텐츠로 바로가기 - Skip To Content

일문사이트

SiteMenu
HOME
SitemAp
다국어메뉴
검색영역
사이버 홍보관

패밀리사이트 목록

関税行政案内

相互認証協定(MRA)

컨텐츠서비스메뉴

AEO相互承認協定とは?

AEO相互承認協定(Mutual Recognition Arrangement)とは相手国のAEO制度を自国のAEO制度と同等に受け入れることを意味します。すなわち、AEO制度を施行中の国家間で相互承認協定を締結する場合、自国のAEO業者は相手国税関でも相手国AEO業者と同一水準の通関上の恩恵を受けることができます。AEO制度はWCOの枠組み(Framework)を土台にしていますが、同枠組みは強制規定ではないので国家毎に自国の実情に合うようにAEO制度を取り入れています。それでAEO制度は国家毎に少しの差があります。したがって輸出入関連企業は自分が取引する国家で通関上の恩恵を受けるためには、自国のAEO公認に加えて該当国家のAEO制度に更に加入する必要があり非常に困難です。そのようなわけで各国税関が施行中のAEO制度の連携のために相互承認協定(MRA)が成されるようになりました。

AEO相互承認協定にはどんな効果がありますか?

第一、輸出入費用の節減

国家間で相互承認協定が締結される場合、韓国のAEO業者の信頼性と安全性が相互互恵を土台に国際的に認められ、相手国通関手続で特例の適用を受けることができます。これにより物品引渡しの迅速性、安全性及び予測性を確保することができ、輸出入通関時に相手国AEO制度による重複審査を防止して不必要な規制費用を節減することができます。

第二、取引先の維持と確保

取引業者の管理を要求するAEO制度を各国で導入するにつれ、最近海外取引業者は韓国の企業に対しAEO公認の取得やAEO公認基準の充足を要求しています。このような新貿易環境でAEO公認を受けた企業は取引先の維持と確保の面で有利な立場を先行獲得することができ、輸出企業の競争力を向上できます。

第三、外国税関当局による取引業者に対する訪問審査の免除

外国関税庁による海外取引業者に対する訪問審査により業者の技術、施設、営業情報など大事な資源が海外税関当局に直接的に漏出することを防止できます。

AEO相互承認協定の必須要件は何ですか? どんな手続がありますか?

  • 国家間で相互承認を推進するためには下記の必須要件が用意されなければなりません。
    • 税関及びAEO業者のための明確な行動(Action)を含む合意された標準
    • 一税関が相手国税関当局の公認を信頼することができる同一標準の適用
    • 税関当局が公認手続を他の指定された機関に委任した場合この機関による標準遵守
    • 相互承認の履行を可能にする法的根拠の用意
  • AEOの国家間の相互承認は多くの時間を要するのでWCOでは"段階的接近(phased approach)"を推奨しています。したがって相互承認協定推進手続は各国の政策と事情により少しずつ異なりますが一般的に下記の通りです。
    • 第1段階 両国間AEO公認基準の比較
    • 第2段階 相互訪問による合同公認実体調査
    • 第3段階 恩恵及び公認業者情報共有などの運営手順に関する論議
    • 第4段階 両国最高責任者による署名
    ただし相互承認交渉を推進する前に事前段階として、相互承認必須要件などを確認するために各国家のAEO制度を研究した後、相手国の相互承認推進意思を打診します。
Quick Menu
ミッションとビジョン
広報活動
アクセスマップ
TOP