주메뉴 바로가기 - Skip Navigation 좌측메뉴 바로가기 - Skip Navigation 콘텐츠로 바로가기 - Skip To Content

일문사이트

SiteMenu
HOME
SitemAp
다국어메뉴
검색영역
사이버 홍보관

패밀리사이트 목록

関税行政案内

知的財産権保護

컨텐츠서비스메뉴

知的財産権とは?

  • 知的財産権とは文学、芸術及び科学作品、登録商標、商号などに対する保護権利と工業、科学、文学又は芸術分野の知的活動で発生するその他すべての権利を言います。
  • 知的財産権は特許権、実用新案権、デザイン権及び商標権を総称して、産業活動と係わる人の精神的創作物や創作方法に対して認める独占的権利である無体財産権です。
  • 知的財産権は特許権、実用新案権、デザイン権及び商標権を総称して、産業活動と係わる人の精神的創作物や創作方法に対して認める独占的権利である無体財産権です。

税関による知的財産権の保護制度

産業発展を振興して情報化社会を主導する知的財産権を国際的に保護するために、WTOはTRIPs協定を締結して知的財産権保護に対する国際的な統一を構成して知的財産権侵害物品の国際取引を厳格に禁止しています。

※TRIPs Trade Related Aspects of Intellectual Property Rights Including Trade in Counterfeit Goods
  • 知的財産権(商標権など)侵害物品の輸出入は、産業発展を阻害し消費者を欺く国際的に禁止されている不公正貿易行為に当たります。税関は上記協定に基づきこれら物品の輸出入を制限しています。(関税法第235条)
  • また関税法による商標権、著作権、品種保護権、地理的表示(権) 特許権、デザイン権侵害物品の通関保留のほかに『司法警察管理の職務を行なう者とその職務範囲に関する法律』によって輸出入関連知的財産権侵害事犯に対する捜査権が税関公務員に付与されています。商標権、著作権侵害事件はもちろん特許権など輸出入関連その他知的財産権侵害事犯に対して商標法など個別法違反として調査して処罰しています。

税関の知的財産権保護制度の図解

税関の知的財産権保護制度の図解

Quick Menu
ミッションとビジョン
広報活動
アクセスマップ
TOP