주메뉴 바로가기 - Skip Navigation 좌측메뉴 바로가기 - Skip Navigation 콘텐츠로 바로가기 - Skip To Content

일문사이트

SiteMenu
HOME
SitemAp
다국어메뉴
검색영역
사이버 홍보관

패밀리사이트 목록

関税行政案内

ACVA

컨텐츠서비스메뉴

ACVAの意義

意義

海外親会社と国内支社など特殊関係社間で取引される輸入物品の課税価格を納税者の申請により課税当局と納税者の相互合意を通して事前に決定してくれる制度(ACVA : Advance Customs Valuation Arrangement for transactions between related parties)

ACVA

ACVAの恩恵

租税納付の予測可能性向上
  • ACVA承認後、3年間ACVA承認内容に基づき課税価格決定
関税調査猶予
  • ACVA申請時点から承認時点まで申請物品の課税価格に対する関税調査猶予

ACVA申請及び審査

主要審査及び判断分野(選択可能)
  • 特殊関係による取引価格への影響の可否
  • 申請課税価格の決定方法(第1-6方法)の妥当性
  • 加算又は控除要素の該当可否
  • 課税価格の適正可否

※ APA承認又は申請内訳に対する課税価格の決定方法及び課税価格

申請資格

特殊関係にある海外輸出企業から物品を持続的に輸入する企業

ACVA処理手続

ACVA処理手続

ACVA担当課

ACVA運営・審査及びその他課税価格の決定方法に対する事前審査

関税評価分類院 関税評価課
Tel.) 82-42-714-7504

ACVA政策及び特殊関係者間の取引に対する評価政策

関税庁法人審査課
Tel.)82-42-481-7987

一般課税価格事前調査と違い

特殊関係者間の取引に無い物品(一般輸入物品)の課税価格の決定方法を事前審査する場合(一般事前審査)と、特殊関係者間で取引される物品(特殊関係者間輸入物品)の 課税価格決定方法を審査する場合(ACVA)とで区分

一般事前審査とACVAの比較
一般事前審査とACVAの比較
区分 一般事前審査 ACVA
審査対象 一般輸入物品 特殊関係者間輸入物品
審査期間 30日 1年
施行時期 ’90.12.31 ’08.1.1
申請資格 国外輸出者と取引関係がある全ての納税者 韓国所在の輸入業者が特殊関係にある海外輸出業者から物品を持続的に輸入する納税者
審査手続き 一般決定 - 納税者と協議
- 納税者の同意
審査担当 関税評価分類院 関税評価分類院
※ ACVA事前審査班を別途構成
主要審査事項 - 実際に支給される金額及び加算控除要素の確認
- 取引価格の成立要件確認(条件や事情、処分や使用制限、事後帰属利益、特殊関係影響の有無確認)、
※WTO関税評価協定第1条及び第8条にて定めた事項を事前審査
- 特殊関係者が取引価格に影響を及ぼしたか否か
- 申請課税価格の決定方法(第1-6方法)の妥当性如何
- 加算または控除要素の該当如何
- 課税価格の適正性如何
※ APA承認または申請内訳に対する課税価格の決定方法及び課税価格
事後管理 報告義務無し - 年例報告書提出

easy-ACVA新設 (2015.10.14施行)

  • 中小企業が素早く簡単に事前審査を受けることができるよう、従来のACVA申請手続きと審査手続きを大幅に簡素化
  • ACVA申請費用負担と申請の難しさから制度を利用できずにいる中小企業に迅速かつ便利なACVA手続きを提供して法的安定性を支援

ACVA担当課

  • ACVA運営・審査及びその他課税価格決定方法に対する事前審査
    関税評価分類院関税評価課
    Tel.) 82-42-714-7504
  • ACVA政策及び特殊関係者間取引に対する評価政策
    関税庁法人審査課
    Tel.) 82-42-481-7987
Quick Menu
ミッションとビジョン
広報活動
アクセスマップ
TOP