주메뉴 바로가기 - Skip Navigation 좌측메뉴 바로가기 - Skip Navigation 콘텐츠로 바로가기 - Skip To Content

일문사이트

SiteMenu
HOME
SitemAp
다국어메뉴
검색영역
사이버 홍보관

패밀리사이트 목록

関税行政案内

戦略物資不法輸出取り締まり

컨텐츠서비스메뉴

戦略物資輸出統制の概念

  • 「戦略物資」とは大量破壊兵器(Weapons of Mass Destruction: WMD)とその開発・製造・使用に利用可能な品目・技術・ソフトウェア
  • 「戦略物資輸出統制」は憂慮国及びテロ団体などに戦略物資の流出を阻止する制度として、4つの国際輸出統制体制の会員国は戦略物資の輸出許可を通してWMD拡散を統制

国際輸出統制体制

国際輸出統制体制

* 輸出統制体制で輸出統制原則と統制品目を定めて、会員国は自国の法に反映させて統制
(韓国は 4つの体制すべてに加入)

* 参照
  • NSG原子力供給国グループ : Nuclear Suppliers Group(NSG)、原子力物資関連統制
  • AGオーストラリア・グループ : Australia Group(AG)、生物化学兵器関連統制
  • MTCRミサイル技術管理レジーム : Missile Technology Control Regime(MTCR)、ミサイル関連統制
  • WAワッセナー・アレンジメント : Wassenaar Arrangement(WA)、通常兵器・二重用途品目関連統制

戦略物資輸出統制の動向

  • 9.11テロ以後戦略物資輸出統制は国際安保の核心的懸案事項となっている
  • 国連安保理決議(1540号、'04.4月)により戦略物資輸出統制制度は国際規範化され、各国は履行と処罰を義務化
  • 輸出統制違反企業は取引不適格者(DL)に登載され貿易制限、対外イメージ失墜などによる企業のグローバル競争力が低下するおそれあり
    * 取引不適格者名簿 :Denial List(DL)

主要取り締まり事例

機械輸出に偽装した砲弾工場プラント方式の不法輸出を摘発

国内大企業がミャンマー政府機関である国防産業所と輸出入契約を締結して、ミャンマーに一般産業機械類を輸出するように偽装して砲弾生産設備と技術をプラント方式で輸出したが摘発(105㎜ 曲射砲用対戦車高爆弾など 6種の砲弾を年間数万発ずつ生産することができる工場設備と機械類及び技術資料など1,640億ウォン相当) 多数の会社らがコンソーシアムを構成して企画及び総括、砲弾の弾体関連装備と技術提供、砲弾信管関連部分の担当など役割分担

核・生物化学兵器原料物質の不法輸出で摘発

2005年末ウラン濃縮触媒剤及び化学兵器製造に使用される物質であるフッ化水素カリウム25トンを中国から輸入した後、同物品を中東国家に輸出しようとしたが摘発
摘発された後、輸入業者の督促を受けると中東地域輸入会社の名義を変更して、品名を木材防腐剤であるかのように書類を偽造して倉庫に保管していた物量中 15トンを不法輸出
不法輸出後残り10トンを倉庫壁面に積んで置き、外部から見ればあたかも25トン全量を保管しているかのように偽装
同物品は1995年3月日本の東京地下鉄ガステロで使用された'サリンガス'の原料物質

防弾胴衣などの不法輸出業者を摘発

軍用防弾胴衣と防弾ヘルメット、無線機、アンテナなど軍の戦略物資を輸出したが、防衛事業庁長の許可はなくイラクとアフガニスタンなど10か国余りに輸出

防弾用ヘルメットの不法輸出を摘発

防衛事業庁戦略物資輸出承認番号'11-07-×××号'で'A産業'がイラク'グリーンドリーム社'と輸出契約を結んだ防弾用ヘルメット100,000個、8,400,000米ドル(ウォン貨7,741,692,000ウォン)の輸出承認を申請したが、物品納品業社として'(株)Bコリア'を委託者(輸出荷主)に虚偽記載して輸出承認書の発給を受けて輸出

Quick Menu
ミッションとビジョン
広報活動
アクセスマップ
TOP