주메뉴 바로가기 - Skip Navigation 좌측메뉴 바로가기 - Skip Navigation 콘텐츠로 바로가기 - Skip To Content

일문사이트

SiteMenu
HOME
SitemAp
다국어메뉴
검색영역
사이버 홍보관

패밀리사이트 목록

旅行者 & 郵便

郵便物通関許容範囲

컨텐츠서비스메뉴

輸入禁止物品

下記の物品は関税法第234条の規定により輸入禁止物品であり、許可なしに輸入する場合には関連法令に基づき処罰されることがあります。

  • 国憲を乱したり公安又は風俗を害したりする書籍、刊行物、図画、映画、録音物、ビデオ、彫刻物その他これに準ずる物品
  • 政府機密の漏えい及び諜報に使用される物品
  • 貨幤、紙幤、銀行券、債券その他有価証券の偽造、変造品又は模造品

課税と免税

免税対象

下記の郵便物は免税を受けることができますが、免税範囲を超過する物品は税金を納付しなければなりません。

  • 韓国国内居住者が取り扱う物品価格が総額150米ドル以下の物品で自家消費として認められる物品
  • 課税価格250米ドル以下の物品で見本として使用することが認められる物品
  • I博覧会その他これに準ずる行事の参加者が会場で来場者に無償で提供する目的で輸入する物品のうち、来場者1人当たり5米ドル相当額以下の物品で、税関長が妥当だと認める物品
  • 関税の減兔を受けられる物品
  • 関税が無税の物品
  • ただし、少額免税を受けて少額免税範囲で多数の件を輸入する場合などは関連規定に基づいて税金が賦課されます。
海外供給者が同一の場合
  • 同一日付に2件以上を輸入申告する場合 : 合算課税
  • 日付が異なって1件ずつ輸入申告する場合 : 自己使用と認められれば個別免税するが、事後電算資料などを分析して不当免税の疑いがあれば追徴措置
海外供給者が相異なる場合
  • 同一日付に 2つ以上の海外供給者から同一物品を輸入する場合 : 合算課税
関税対象

次の郵便物は関税法及び内国税関連法で定める関税及び韓国内税を納めなければなりません。

  • 課税価格の合計が 15万ウォン以下の物品で自己使用と認められない物品。
  • 韓国国内居住者が取り扱う物品で、物品価格150米ドルを超過する物品。
  • 見本品で課税価格 250米ドルを超過する物品。

少額物品の自己使用認定基準

少額物品の自己使用認定基準
種類 品名 自己使用認定基準(免税通関範囲) 備考
農林水産物 胡麻油、胡麻、蜂蜜、ワラビ、キノコ、ツルニンジン(蔓人参) 各 5kg 植物防疫法又は家畜伝染病予防法対象
免税通関範囲超過の場合には要件確認対象
くるみ 5kg
松の実 1kg
牛肉、豚肉 10kg
ビーフジャーキー 5kg
水産物 各 5kg
その他 各 5kg
漢方薬剤 高麗人参(水参、白参、紅参など) 合計 300g 鹿茸は検疫の後 500g(免税範囲を含む)まで課税通関
免税通関範囲超過の場合には要件確認対象
メシマコブ(桑黄茸) 300g
鹿茸 150g
その他漢方薬剤 各 3kg
蛇、蛇酒、虎骨酒など嫌悪食品 ワシントン条約(CITES)規制対象
バイアグラなど誤用濫用の恐れがある医薬品 処方せんで定めた数量のみ通関
健康機能食品 合計6本 免税通関範囲の場合要件確認免除。ただし、次の物品は要件確認対象
  • ワシントン条約(CITES)規制物品(例:麝香など)
  • 食品医薬品安全庁長の輸入不可又は有害医薬品通報を受けた品目及び外部包装上の成分表示が不明確な物品
  • エフェドリン、ノルエフェドリン、シュードエフェドリン、エルゴタミン、エルゴメトリンを含む単一完成医薬品
医薬品 合計6本(6本超過の場合医薬品用法上 3か月服量分)
生薬(漢方薬)製剤 毛髪再生剤 100ml×2本
再造丸 8g入×20本
多鞭丸、高麗人参鳳凰 10T×3箱
消炎剤 50T×3本
救心丸 400T×3本
消渇丸 30T×3本
活絡丸、三鞭丸 10錠
白鳳丸、牛黄清心丸 30錠
十全大補湯、蛇粉、鹿胎暠、秋風透骨丸、朱砂、虎骨、雜骨、熊膽、熊膽粉、雜膽、海狗腎、鹿腎、麝香、男寶、女寶、春寶、靑春寶、强力春寶などの成分未詳の滋養剤 薬事法対象
麻薬類 芬氣拉明片、鹽酸安非拉同片、ヒロポン、阿片、大麻 など 麻薬類管理に関する法律対象
野生動物関連製品 虎皮、野生動物の皮及び剥製品 ワシントン条約(CITES)規制対象
嗜好品 酒類 1本(1ℓ以下) 課税価格15万ウォン以下の場合は関税免除
酒類は酒税及び教育税を課税
紙巻きタバコ 200本
葉巻 50本
電子タバコ ニコチン溶液20ml
その他のタバコ 250g
香水 2オンス×1本
その他 その他自己使用物品の認定は税関長が判断し、通関を許可
税関長確認対象物品の場合、各法令の規定に従う。

簡易税率表

Quick Menu
ミッションとビジョン
広報活動
アクセスマップ
TOP